×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

リボルテック NO.001新ゲッター1 NO.008新ゲッター2 NO.017新ゲッター3

「新ゲッターロボ」よりゲッター1、2、3。
対象が3体なので、必然的に写真枚数が通常の3倍、レビュー本文も3倍になってます。御了承ください。


新ゲッター1

リボルテック第1弾の新ゲッター1です。
リボ球は両膝、両足首のたった4箇所、第1弾故の様子見なんだろうけど、
ダグラムでそれなりに使ってたんだから、もっと使ってくれても良かったのに。



塗装はサイズの割りにきれいです。



首(2軸)、胸、肩(2軸)、肘(軸+ロール)、股関節(2軸)、膝(リボ球)、足首(リボ球)で可動。
肩の可動軸と腕ロールを駆使すれば大抵のポーズはとることが出来ます。
立膝はちょっと無理があるカナ。


付属品。
ゲッタートマホーク、ゲッターウィング、ゲッタービームエフェクト
通常台座、手首(両拳、両平手、右持ち手、左表情付)が付属。


ゲッタートマホーク
でかくてよろしい。左手を表情付のに変えて両手持ちできます。


ゲッターウィング
パーツを付けて巨大化を再現、ちょっと取り付けにくい。
台座を使えば飛行ポーズも可能。


ゲッタービーム
腹の下部分に差し込みます。


以上、新ゲッター1。
リボ率増やしたver2とかは出ませんかそうですか。


チェンジ!ゲッター2!
新ゲッター2

第4弾よりゲッター2、ドリルがすごく…おおきいです…。
リボ球は首、両肩、両肘、腰、股関節、両膝、両足首、台座。
ゲッター1に比べると3倍以上使ってます。



各部(特に右腕とドリル)のエッジが鋭くてよろしい。
遊んでると手が痛くなります。


立膝は余裕で出来ます。


付属品…はリボ台座のみ。まぁ他に付けるもの無いか。
接続は腰の穴を使います。


ゲッターアーム(でいいんだっけ?)
爪基部で可動、唯一(3箇所だけど)の非リボ関節。



ドリルアーム
ゲッター2といえばドリル、ドリルと言えばゲッター2。
台座のおかげでカッコいいポーズが決まりまくりです。


以上、新ゲッター2。
リボ球が多い上にパーツ干渉が殆ど無いので、グリグリ動いてくれますね。


チェーンジ!ゲッター3!
新ゲッター3

ゲッター3といえば非人間型。『新』も奇抜なデザインしてますね。
リボ球は首、両肩、両肘、両手首、胸、股関節、両膝(膝?)、両履帯、延長用腕×2。
つまり全関節リボ球、過去最高数ですね。



塗装もきれい。
足が履帯で三足接地、肩のパーツはそのままゲッター1の足ですね。


付属品。
延長用腕パーツ×2と平手。
延長パーツはもう1セット有っても困らないな。


腕足の自由度が高いので、幅広くポーズが取れます。
走行形態(?)も可能。




腕延長パーツ使用、2本とも片腕に付けるとかなりの長さに。


大雪山!


以上、新ゲッター3。
この調子で非人間型のラインナップも増やして欲しいものです。



3機を並べてみる。
デザインの違いが激しいです、同じ機体だとは思えないよなぁ…
でもそれがゲッターロボのいいところ。


以上新ゲッター1,2,3でした。長々とお付き合いありがとうございました。
設定的にゲッター3機が並ぶことは無いんだけど、カッコヨケレバソレデイイジャナイ。

戻る